日本のスタンダード結婚式

原点回帰

古事記

盞結(うきゆい)して、今に至るも(しずま)()

※古事記(712年編纂)より

日本の結婚式の原典であるこの一節の意味は

大国主命(オオクニヌシノミコト)須勢理姫命(スセリヒメノミコト)
盃を交わして心を結んで以来、
平安に暮らしています
という意味です
 うきゆいの儀
 一、
うきゆいの儀

古来、新郎新婦は愛を誓って
ご神酒を戴き結ばれます
(うきゆい盃が使われます)
 
 
 うきゆい盃
うきゆい盃は、記念品として
新郎新婦に贈られます
結婚記念日の盃結にご使用下さい
 二、
寿(ことほ)ぎの祝杯

新郎新婦の結びを寿ぎ
祝杯を交わします
新郎新婦とご出席者の絆を
未来に繋ぎます
(寿ぎ杯が使われます)
寿ぎ杯(2ヶ)は、引出物として
ご列席者に贈られます
 京焼・手造り作品
フランス製・イエローゴールド秞薬を使用
寿(ことほ)ぎの舞
慶祝の心を込めて
演出・振付・衣裳デザイン
今中友子
<プロフィール>

うきゆいの儀・リンク

  Youtube・うきゆいの儀
  プラン料金
 UKIYUI TRADEMARKS & SERVICEMARKS ARE REGISTERED